生活費足りない

生活費が足りない・・急な出費にも役立つキャッシングが便利!

生活費が足りないときは?

 

あと少しで給料日なのに生活費が足りない!
毎日節約していても給料日前にはこんな悩みを抱える奥様も少なくないでしょう。
生活費が足りないという時はキャッシングで借りておくという手もありますよ。
給料日後にすぐに返済してしまえば借金をしてしまった・・なんて思う必要もないので、一時的なものとして借りておいてはいかがでしょうか?
当サイトではキャッシングについて詳しく説明しています。
キャッシング初心者の人はぜひ参考にしてみてくださいね!

生活費が足りない時に利用したいキャッシングランキング

生活費が足りない1位アコム

即日融資のアコム

生活費が足りない時などの急な出費でもアコムなら安心

平日の指定時間に間に合えば即日融資が可能なので、今日中にお金が欲しい時でもすぐに借りることができます。
申し込みは無人契約機などでも構いませんが、ネットから申し込むことも可能ですよ。
ネットなら24時間受付OKなので、欲しいと思ったらすぐに申し込んでおきましょう。
アコムの利用が初めてなら30日間金利が無料になるサービスがあるので、初心者でも安心して借入ができます!

 

アコムの一押しポイント

  • 急な出費でも即日融資OK
  • 24時間受付のネット申し込みが便利!
  • 30日間の無利息期間があるから初心者でも安心して申し込める!

>>アコム公式サイトはこちら!

生活費が足りない2位アイフル

アイフル 生活費が足りないときに便利なのが、即日融資もできるアイフルです。

無人契約機を利用すれば、誰とも会わずに借り入れが可能です。
WEB申し込みなら24時間申し込むことが出来ますので、窓口や無人契約機の営業時間にお時間が取れない方も便利にご利用できます!

 

アイフルのおすすめポイント

  • ATMでの借入返済が可能!
  • 無人契約機なら当日カード受取も可能!
  • 即日融資も可能!

 

>>アイフル公式サイトはこちら!

 

>>ランキングの続きはこちら!

「少しだけ生活費足りない」という時におすすめのキャッシング

給料日まであと少しと言う時は

給料日前になると「生活費足りない、あと1万円あれば」ということもあると思います。
こんな時にはまず節約したり、少しでも働いてお金を稼ぐことを考える必要がありますが、とにかく急を要する時にはキャッシングがおすすめです。

 

家計の管理は主に主婦が行っている場合が多いと思います。
消費者金融に適用される「総量規制」という法律の規定により働いていない人がお金を借りることができません。

 

つまり消費者金融は収入のない専業主婦や既に年収の1/3以上の借り入れがある人にお金を貸すことはないため、このような人は銀行のキャッシングを利用しなければなりません。

専業主婦でも借入ができる

しかし配偶者の同意がある場合には専業主婦でも消費者金融を利用できます。

 

最近では生活費の足しにするなど少しだけ借りてすぐに返済できる場合「短期間無利息サービス」を行っている所が増えています。
少額の融資を申し込む際には身分証明書の提出だけでよい所が多く、専業主婦でも旦那さんに内緒で借りることもできるのです。

 

24時間いつでも申し込めて、申し込む時間によってはその日中に審査結果が出る所も多く、お金は銀行振り込みやATMから引き出せて大変便利ですのでぜひ利用したいものです。

生活費足りない時にはクレジットカードがおすすめ

コンビニのATMで借入ができる

クレジットカードには買い物の時に代金を後払いにできる「ショッピング枠」とお金を借りることができる「キャッシング枠」があります。
ほとんどのクレジットカードにキャッシング枠が設けられており、利用限度額内であればコンビニATMなどから何度でもお金を借りることができますが、もちろん利用したら利息を合わせて返済しなければなりません。

 

ちなみにショッピング枠で設定されている利用限度額の中にキャッシング枠も含まれています。
例えば「ショッピング枠が50万円、その内キャッシング枠が10万円」と設定されている場合、ショッピングで41万円使うとキャッシング枠の利用限度額は9万円、逆にキャッシング枠で15万円借りている場合はショッピングで35万円までしか利用できません。

 

クレジットカードは一枚持っておくと便利

キャッシング枠でお金を借り過ぎてしまうことが心配な人はキャッシング枠を0円にすることも可能で、最初からキャッシング枠を利用するつもりがなければクレジットカード申し込み時にその旨を相談することでゼロにすることができ、クレジットカードを作るための審査にも通りやすくなるようです。
しかし「今月分の生活費足りない」という時のためにも少しでもキャッシング枠を設定しておくことをぜひおすすめします。

 

≫ランキングに戻る!